最近流行の生命保険会社 MetLife Alico が、あなたの人生が輝く瞬間、大募集!という事で、あなたのゴールデンタイムを「1枚の写真」と「短いエッセイ」に表現して下さい、と募集していました。

   人生の午後に生きる人間として、余生はどのくらいあるのか予測はつきませんが、自分なりに精一杯生きている積りです。シニアの入口で悩み、自分なりの生甲斐を見つけてもう10年以上生きて来ました。途中入院するような大病を患いましたが、回復して普通の生活に戻りました。

   私はシニアになった時、水彩画が好きだという隠れた才能を発見し、もう10年以上絵を描くのを趣味にして生きて来ていまして、作品の蓄積量も800点を超えました。生涯に1000点描ければ良いなと考えております。

   私の応募作品は下記にのように「至福の時」なるタイトルで写真と本文を入れて提出しましたが、残念にも見事落選しました(>_<)

   傘壽にしてこんなにチャレンジ精神旺盛だった自分を褒めてやりたいです。

   2013年の結果はザッツ・ゴールデンタイム! フォト&エッセイをご覧下さい。

   「至福の時」
現役時代は電気技術者だったのに、何故か定年退職後は右脳人間とも言える水彩画が趣味になってしまった。定年退職後は勤務が皆無になるので、家での濡れ落ち葉にだけは絶対なりたくないと色々試行錯誤しているうちに水彩画を描くのが嫌いではない隠れた才能を発見した。丁度定年の年の平成9年5月のベストシーズンに某旅行社主催の箱根の小田急山のホテル泊のスケッチ旅行に参加、そこでテニスコートを背景にした山のホテル庭のテーブルで、ワンカップをそばにおいて無心に至福の時を味わいながら水彩画製作に余念が無い筆者の写真を紹介する。その後、国内外旅行を通じて自分の心に映った風景を世界で一つしかない自分流の水彩画に表現するのに喜びを感じ、ホームページを開設して展示した。ホームページを開設して15年、Webサイトの水彩画展示作品は現在800点を超過、生涯に1000点以上描ければ、安心してあの世に行けると信じている。