◆私のホームページづくり◆
(平成11年7月17日「生涯現役あおば会」第54回リラックス・フォーラム講演要旨)

私は、夢を作る夢職の職人、多趣味人間「やまと」です。

昨年夏、HPを開設する際、罪にならなければ大風呂敷きを広げても構わん だろうと、タイトルを"多趣味人間「やまと」の世界"とネーミングしたばっか りに、今日、ここで話をする羽目になってしまいました。

これからの2時間を超える長丁場は始めてですので、私の無い知恵を絞った 企画・演出で進めてまいりたいと考えています。

2年前、63歳でリタイヤした時、月日の経つのは早いもので、39年間の 会社生活でした。30年勤めた前の会社から、早期退職勧告で次の会社に移 り、その会社も還暦で定年になりました。定年の数年前から、長生きすると、 この先約20年もありそうな長い人生の午後をどのように過ごそうかと、思い悩 み、試行錯誤いたしました。

日本経済新聞の生涯青春講座への参加、生涯現役を進める会や、サラリーマ ン文化芸術振興会に入ったのも、ちょうど、その頃でした。

馬車馬サラリーマンの典型で、井の中の蛙であった私にとっては、これらの 新しい試みは、凄い冒険を伴う一種の自己改造みたいなもので、そのような外 界との接触によって、多く事を学びました。

日経・生涯青春講座で提出した卒業論文は、優秀作の一つに選ばれ、大手町 の日経本社8階大ホールで行われた卒業式において、卒業生450名、関係者 を入れて約500名の聴衆を前に発表しました。校長の日下公人先生とも親し く歓談するチャンスに恵まれました。

当時、高校の先輩が「人生二毛作」なる自分史を発刊した縁で知った出版社 が、募集していた「言葉のカラオケ」雑誌・三昧人の課題テーマ「戦後50周 年の中の私」に投稿、さらに前述の卒業論文とその発表草稿に手を加えて、自 分の将来を語る「第二の人生計画」も同誌に寄稿しました。

サラリーマン文化芸術振興会では現在、残念ながら絶版になってしまいまし たが、自分達の一芸一能を広く紹介しようではないかと、会員60数名が原稿 を持ち寄って、「サラリーマン左手の法則」なる単行本を完成しました。

このような試行錯誤の過程で、現役時代には全く気付かなかった、もう一人 の自分を発見したのです。つまり、物書きというジャンルに向いているのでは ないかという事です。

物書きというのは、作品を人に読んでもらわないと、喧嘩になりませんか ら、文脈の流れについては、あらゆる角度から推敲を重ねます。

このようにして作った私の原稿は、既に述べたように、雑誌や単行本の形で 実を結びました。

物書きの要諦は、後に触れる魅力的なホームページ作りにも、全く同じ事が 言えるのであります。

私のホームページ 文作の部屋には、こうして出来た書物の表紙と中身のダ イジェストを収録してあります。

一方、「世界で作ろうシニアの生きがい」を標榜するWSC(ワールドステイ クラブ)のサブ組織とも言えるポストカードスケッチクラブにも入り、例会に 参加しているうちに、かく方でも描く事が面白くて好きになり、水彩画の枚数 も時の経過とともに、溜まるようになりました。

書き物や絵は元来、右脳型人間の分野でして、技術者だった左脳型人間の私 が、こうした経過を経て、いつのまにやら右脳型人間に変貌していたのであり ます。

10年以上前、最初の会社を去った時の餞別金で、ワープロとモデムを買っ てワープロ通信をやってきました。2年前、消費税アップ前に最後の道楽とし て、パソコンを買いました。そして、リタイア寸前に会社のスキャナを借用し て、それまでに描き溜めて来た数十枚のハガキ大の水彩画をフロッピー10数 枚に画像として撮り込みました。その後、パソコン通信のフォーラムで、画像 圧縮(アーカイブ)等、技術的な事を多く勉強して、遂に、パソコン通信の データライブラリーに自分のスケッチ画像を登録するようになりました。

やがて、パソコン通信のフォーラムでは、相手にする人数に限りがある事を 悟り、インターネットにホームページを出して、不特定多数を相手にした方が 反響も大きく、面白いのではないかと思うようになりました。

自分がホームページを出すなら、ポストカード水彩スケッチをメインにし て、色々な趣味を紹介して、絶えず内容を工夫して閲覧者を惹きつけようと、 一昨年から構想を暖め、昨年初夏、2日コースの中高年ホームページ作成講座 に参加したのを機会に、念願の個人ホームページを開設しました

今月末で開設1年になりますが、お蔭様でアクセスカウントも現在6000 台ですから、リピーターも含めて、ひと月に500名以上の方が、見にきて下 さった事になります。有り難いことです。

スライドーショウ(3秒周期に設定)で御覧戴いたように、スケッチ画像 は、既に159作品を展示していますが、何しろデジタル画像は情報量がベラ ボウに多く、この5月、スケッチだけ別のプロバイダーのホームページを倉庫 代わりに使い、相互リンクを張りました。両プロバイダーとも10MBまで使 えるので、かなり楽になりました。

まだ、画像に撮り込んでいない在庫や、つい先頃、WSC(ワールドステイク ラブ)の企画旅行で、30泊 ロングステイしたセザンヌの故郷、南仏エキサ ンプロバンスでの50枚を超えるスケッチ達をホームページに載せるには、こ れから、多くの時間と労力を要します。

この南仏旅行のさわり部分もスライドーショー画像でご紹介します。

こうして、スケッチの増加とHP更新メンテナンスの追いかけっこは、マッ チポンプよろしく、私が健康でいる限りエンドレスで、とどまることはないで しょう。さらにHPを見て感想を下さった人へのメール対応、パソコン通信の フォーラム、メーリングリスト等、これらデジタル情報通信の世界は、今や、 完全に私のライフスタイルの一部になっています。

昨今、濡れ落ち葉どころか、暇で、忙しい毎日なのでございます。

前置きが長くなりましたが、これから後は、私のホームページ構造など、実 際にノートパソコンと液晶プロジェクターのデモンストレーションで、ご紹介 してまいりましょう。

人間年取ると感激が無くなるそうですが、今日の話から、私の活力の源泉た る飽くなき好奇心というシニアの元気印を汲み取って戴けたら、今日発表した 甲斐があります。  

平成11年7月17日「生涯現役あおば会」第54回リラックス・フォーラム


ホーム
やまと美術館
自己紹介
リンク集