幸齢者左手の法則     10Mar2002 やまと 作

 電動機理論にかかわる有名なフレミングの左手の法則は、磁力線の方向を「仕事」、電流の方向を「趣味」とすれば、座標の磁力線軸と電流軸からなる平面に対して直角方向の力「生きがい」が働くと言うものである。

 この「仕事」「趣味」「生きがい」を我がサラ文では「サラリーマン左手の法則」と称し、サラ文有志が寄稿して、同名の本が十一房出版から1997.07.26 に発刊され、盛大な出版記念会も行われた はからずも、私は、この年の4月末日に39年の会社員生活に別れを告げたのである。

 あれから早くも5年の歳月が流れた。年金生活者の今は「幸齢者左手の法則」の方が適切な表現だと思う。

 サラ文も幸齢者の比重が増したことであろうが、ここで、幸齢者になってから現役時代と何が変わったのかを若干考察してみるのも有意義ではないだろうか。

 人間誰しも、力「生きがい」を増やしたいのは当然であろう。そのため理論的には、磁力「仕事」や電流「趣味」を増幅させねばならない。

 磁力「仕事」は、報酬という形で還元されるものと考えられるが、現役時代の磁石は電磁石で、一生懸命働いてマグネットに巻いたコイルの電流を増やせば、必然的に磁束も増えた。ところが年金生活者では永久磁石のため磁束一定で増やしようがない。しかし、人生の午後の時代にあって時間は十分にあるから、電流「趣味」の方を個人の考え方次第で増やすことが出来る。

 一方見方を変えると「生きがい」には「人の為にする喜び」と「自分の為にする喜び」の二つの局面があるから「幸齢者左手の法則」は、「人の為にする喜び=ボランテイア」と「自分の為にする喜び=趣味」からなるものと定義しても良いと思う。「趣味」はどちらも同じだが、サラリ−マンの「仕事」を幸齢者の「人の為にする喜び=ボランテイア」に置き換えれば、幸齢者でも「生きがい」の増幅は更に可能になる訳だ。

 筆者は、1998年に個人ホームページ「多趣味人間やまとの世界」を開設した。趣味のスケッチをメインにしたサイトであるが、「スケッチを見て心が癒された、気分爽快になった」という感想を下さる方が多い。プロには無い下手さ加減が、かえって親しみを持たれる所以かもしれない。

 気侭な趣味のスケッチが、「人のためにする喜び」にもなっていてまさに「生きがい」の本流に身をおいているのは有り難いことだ。

 絵を描きながら何物にも妨げられない自分だけの至福の世界、ここでの「生きがい」をこれからも大切にして行きたいと思っている。

Home