English

Since 6th Aug.,2000

 私は、やまと こと 古城守一と言います。
 昭和一桁最後の昭和9(1934)年4月25日戌年 生まれのA型です。

 戦前、台北市にて出生、終戦後引き揚げて新制中学から高校卒業まで郷里熊本県の天草で過ごし、大学時代は大阪在住、社会人になって上京、電機製造業等に39年勤務後、平成9年4月末日で退職し、幸齢者の仲間に入りました。

 60歳定年前後から、長い人生の午後といわれるシニア時代に備え、「濡れ落ち葉にだけは、絶対ならない」と決心、生き甲斐を求めて試行錯誤を重ね、水彩画を描くのが好きという、幸いにも自分の潜在能力を発見する事が出来ました。

 好奇心旺盛、何事にもチャレンジが活力源で、多彩な趣味を楽しみながら毎日を送っています。下のイラストは、文作の部屋にある小生執筆の「第二の人生計画」を読んだ元サラリーマン文化芸術振興会会員で似顔絵描きの得意なK氏が描いたものです。プロフィール写真は当初パスポート写真を使っていましたが、このイラスト左上の似顔絵に変えました。


 家で溜まった書類を整理していたら、当時、定価30円で買ったサンデー毎日・昭和33(1958)年4月20号が出て来ました。今の小生は幸齢者でサンデー毎日ですから皮肉なものです。雑誌なんか滅多に買わない小生が何故買ったか、実は入社式の写真に小生が載っていたからなのです。ご用とお急ぎでない方はココを覗いて見て下さい。

 故 石坂泰三会長は、昭和33(1958)年4月、当時数寄屋橋にあった本社の入社式で次のように話された。サラリマン稼業を満員電車に例えて「大学を出て会社に入ってくるのは、ちょうど満員電車に乗るようなものだ。はじめは立ちんぼうを我慢しなきゃいけない。ただ、電車の行く先を間違ってさえいなければ、一生懸命つり皮にかじりついていることだ。そのうち電車もだんだんすいてきて、やがて腰掛けるチャンスもでてくる。もっとも、そのチャンスは運不運だけでなく、あなたの努力も必要だ。座っている人の服装とか年齢、態度などで、いつその人が降りるかわからぬでもないのだから、注意力ひとつで人より早く腰掛けられもする。」と、今でも通用する蘊蓄のある平易な表現で新入社員に語りかけている。

 この会長は、生命保険から全く業界ジャンルの異なる電機メーカーの当社を再建された財界でも有名な人だった。


現住所:
    神奈川県大和市
   家族:
    妻 長男 長女(別居)
   職業:
    元電気技術者(火力・原子力発電)
    元第一種自家発電設備技術者
     現在 年金生活者
   趣味:
    淡彩スケッチ、料理、モノ書き、器楽演奏音楽鑑賞、パソコン、旅行、海釣、囲碁

   所属団体等:
         ◆旅のスケッチクラブ(2013.11.25退会、17年所属)
         ◆彩水会(主に電力関係者の はがき 絵同好会)
         ◆横浜市 あおば ぱそこん横丁 パソコンボランテイア
         ◆幸齢者料理を楽しむ会シェフクラブ(横浜市美しが丘西地区センター厨房使用)
            2015.04.04南町田にて花見会にて17年ぶり解散


■ノート・パソコン:東芝 DynaBook-CX/47LWH HDD 500GB  メモリー 4GB
   13.3型デイスプレイ  重量 約 2.3Kg OS Windows 7 (2010/10/24 新調)
■ノート・パソコン:IBM/LENOVO THINKPAD EDGE E420 1141-R13(2015/08/29 中古購入)
    HDD 320GB  メモリー 2GB 14型デイスプレイ  OS Windows 7
■外置型HDD  I・O DATA 120GB HDH-UL
■Printer CANON 複合機 PIXUS MP270(2010/11/25新調)
■Scanner EPSON GT-5620

■カメラ:オリンパス CAMEDIA C-3040ZOOM(2002.01 新調)


Home
やまと美術館
Profile
Links