◆愛犬シーマ物語◆28th Aug.,2000

 

 平成12年8月26日(土)19:50 十三年間、一緒に暮らした我家族の一人、いとしき愛犬シーマは、とうとう天国に召されて逝った。

 その日の夕方、容態急変のため、今まで良く面倒を見てくれていた近所の動物病院へ家内と長女が、愛犬を連れて行くと先生は栄養剤を注射したものの、心臓の鼓動が弱っているのを見て今夜が山場だと言われたが、その予想よりも早く逝ってしまった。長女は居間で、小さくなったムクロを撫でながら一緒に翌朝まで寝ずに過ごしていた。小型犬の故に老衰とはとても信じられない、ひっそりとした安らかな死に顔だった。

 翌、日曜日は、一旦、動物病院に立ち寄って保健所手続きのための愛犬手帳を渡し、シーマの遺体と一緒に、長女の車で南多摩斎場近くのペット火葬場へ行った。生前の噛みつき人形達、好きだったおしゃぶり・ボーンや餌を一緒に添え、生花を飾って荼毘にふした。約1時間ほどで拾った骨の意外に小さかったこと、人間と同じような骨壺に入れて、最後に喉仏を入れ、厚手の布製の袋に納めた。この日は暑かったが日中は快晴で、シーマは、本当に飼い主孝行な子であったと思う。

 遠く離れて関西に次男と共に住んでいたお袋が3年前、そして、この6月には親父が相次いで亡くなったが、その時よりも今回の愛犬シーマの死は、寝食を共にした愛の絆の深さの故か、年甲斐もなく永遠の別離の実感と共に深い哀愁の念にかられ、いたたまれない程の切ない気持ちがこみ上げて来る。13年という短い生涯だったが、ここに遺影と共にシーマの想い出を綴り、手向けの鎮魂歌としたい。


▼出逢い

 1987年の4月だったか、長女が友達からコヒーカップよりチョット大きなその年に生まれた子犬をもらってきた。それが血統書はもらわなかったものの純粋のパピオン種の雌犬、長女が名付けたシーマだった。最初は牛乳で育てた。当時は長男、長女とも進学や何やらで気持ちも殺伐としていて、小生自身も翌年は繰り上げ退職という人生の転換期にあり、家庭内もぎくしゃくして、何となく穏やかならぬ雰囲気があった。そこへやって来た、このおちびちゃんは、我が家族の人気者で、精神的な支えというか、アニマル・セラピーの役割を果たすことになった。

  居間ソファにて
    誰か注目してるかな
  居間ソファにて
    一仕事だワン
  居間のソファにて
  この座布団ワタチ
  のだよ
  居間ソファにて
    ワタチの首輪だよ

  好物おしゃぶり
    ボーンだよ
     同左      同左

 毛並みが
    良かった頃
     同左   好物おしゃぶり
     片端食べちゃった


▼元気な頃

 成犬になっても体長は30cm程度の大きさで、家の中で飼っていた。玄関の板張りの横っちょにオマルと水が置かれ、大小ともそこで自分で用を足すようにし向けた。

 室内犬として育てていたせいか、屋外に出るのをひたすらに待っているみたいで「お散歩、サンポッポ」と小生がいうと玄関に飛んでくる。そこで首輪にひもを付けると、我先に飛び出す。こちらの動きが遅いので、ゼーゼーいいながら引っ張ってゆくのだ。電車の一駅先に森林公園、その手前に広っぱがあって、そこへゆくと、ひもを離して自由にした。待ってましたとばかり、100m程先の方へ行き、ぶらぶらしているが、シーマーと呼ぶと息せき切ってこちらへ、しっぽを振りふり走ってくる。小生が全力で走ると、間を空けずについて来たほど敏捷で、その姿は、まるで茶色と白の毛玉が転がって来るような感じで可愛いものだった。駅まで駆け足したこともあるし、片道40分くらいの散歩をした事もあった。

 散歩の最中に、急に動かなくなると、ウンチか、オシッコをやる。ウンチはウサギの糞みたいなものだったので、その辺の葉ッパを摘み取って、これにくるんで木立の肥やしにした。散歩から帰って来て、足を水で洗って布で水気を拭き取るまでは、気持ちがいいのか、静かなものだった。終わって屋内に入れるとすぐ玄関のオマルに飛んで行く。あの頃は健康そのものだった。

  ひも付き
    何この花、匂うな
  ひも付き
    ひも離して!
  ひも無し
      嬉しいな

  ひも無し
    地面にお腹付ける
     と気持ちいい
  ひも無し
    梅の花びらの中で
  ひも無し
     水仙の花と一緒
  ひも無し
     何か落ちているよ
      クンクン

 シーマは冬はとても寒がりやで、猫みたいに炬燵の中に入っていた。酒の量販店に焼酎を買いに行くときは、店に入るときジャンパーの中にいれて、顔だけチョコンと出して買い物をした。店員さんもその可愛らしさに微笑んでいた。外に出ると待ってましたとばかりに、ジャンパーの外に飛び出した。

 シーマは手先が器用というか、おしゃぶり・ボーンを前足でうまく押さえながらしゃぶっていたし、箱のなかのかみつき人形も上手に取り出していた。入浴は娘の仕事で、小生がやるとすぐかみつく。このかみつき癖はどうも小さい頃の躾が悪かったようだ。夏場は蚤が沸いて、その辺の犬と同様、朝から晩まで体中を器用に掻いていた。背骨の尾根は蚤の通路だそうで、首の後ろに蚤退治の薬を塗ろうとしたら、噛みつくし、大騒ぎであった。蚤が頭に登らない首輪をした事もあったが、首輪の着脱が、気に入らないらしく、何遍も噛まれた。(/・_・\)

  浴室にて
    いい湯だな
  台所にて
    今日のランチは
      何かな
  噛みつき人形箱
    気に入ったもの
     を取り出す

  居間の絨毯にて
  ハイこっち向いて
     同左      同左
      座布団で昼寝

  
▼晩年

 2〜3年前頃からだったか、シーマも老人性白内障にかかった。私たち家族はあえて手術をしてあげなかった。元気があった頃は、視力が落ちてからも散歩につれて行った。飼い主に全幅の信頼を置いているのか、斜めに走りながらも、たまに外に行くのが嬉しかったようだ。でもそのうちに「お散歩、サンポッポ」といっても外に出たがる気配が無くなって来た。

 玄関の衝立の隅にある自分の巣には入らずに、居間の絨毯の上の座布団やソファに登って寝る方が多かった。我々が帰宅して玄関のドアを開け閉めするなど、ちょっと前までは人の気配を感じると吠えながら起きて玄関に迎えにきていたが、それもしなくなった。

 食事は朝と夜の2回与えていて、呼べば玄関の所定の位置に来て食べていた。フライパンや鍋の料理の最後の方で、スプーンなどですくい取る音がすると、台所によってきて、フライパンや鍋のそこまで綺麗に舐め尽くして洗い物に貢献してくれた。殆どの時間は居間で過ごし、見えなくてもあちらこちらにブチ当たりながらもちゃんと玄関隅のオマルに来て排泄をやり、そばの水受けで水を飲むのが決まった定番コースになっていた。

 ここ数ヶ月、居間のソフアに登らなくなり、排泄を絨毯や板張りでするようになった。元々オマルの敷き紙(夕刊フジの読み終わったものの寸法がちょうど良いサイズで、私は夕刊フジをシーマのおむつと称していた)を綺麗に替えておかないと、オマルの外で排泄する事は良くあって、「シーマ、外れだよ、おしりペンペンダヨ」というと、居間のソファの陰に小さくなって隠れていたものだ。大便といってもウサギの糞みたいに丸い小さいものだが、絨毯の上にやらかしたのをスリッパで踏むとあとの掃除が大変だった。

 そのうち、食欲がなくなても水だけは飲んでいた。体力の衰えからか、それでもよろよろしながら、オマルに行くのを見たときには抱いて連れて行くようにしたが、日増しに体が細くなって行くのが感じられた。

 死ぬちょうど2週間前、食べたものを戻してからは、自力で食べられず、寝たきりになり、家内、娘が獣医からもらった栄養剤などをスポイトで口に含ませてやっていた。家内、娘は殆ど交代で、付きっきりで面倒を見ており、小生が不在中、家内は外出のスケジュールをキャンセルして家にいた。小生も時々見ていたが、良く見ないと呼吸しているのが分からない程静かだった。そして冒頭に記述したように来るべき日が来てしまった。

 シーマのような小型犬の13歳は長寿だそうであるが、後から我が家に来て、先に逝ってしまったのは、何とも残念で仕方がない。もう、シーマのおむつの夕刊フジ、餌、排泄の掃除も一切不要になり、気持ちの中に何かポッカリ穴が開いたように空しさだけが残った。時の移ろいと共に、悲しい別離の想い出が、消失して行くのをひたすらに待つのみだ。

 シーマよ、安らかに眠れ!

  好きな座布団にて    同左    同左    同左

  人の布団
       で横着昼寝
  晩年のシーマ
   横向いてプイ


HOME