◆第二の人生計画◆
(出典:平成7年・季刊雑誌「三昧人」秋号)

 私は神奈川県大和市在住、子供達も独立して五十八歳専業主婦の妻と暮らしている。
 七年前、それまで三十年間勤めた前の会社を五十四歳で繰上げ定年退職して今の会社に入り、この会社も昨年六十歳定年で嘱託となり現在に至っている。

 今まで会社中心の滅私奉公的多忙人間でロクに自分の将来を考えたこともなかったが、二年後に嘱託期間が満了すれば嫌応なしに離職しなければならない。毎日が日曜日の粗大ゴミにだけは絶対なりたくないが、名案も浮かばないまま何とかしたいとの気持ちがつのる一方であった。

 人生六十年を一区切りとすると、その約六割がサラリーマン生活で、これは相当重たい慣性を背負っている事になる。この慣性のおかげで、二年後に控えた退職以後の生活スタイルを今までのそれと急には変えられないわけで、この先、更に二十年近く見込まれる「第二の人生」を過ごすのには、どうしたらよいかという私の未経験な将来への不安、ないし危機感があった。

 二年前、某新聞社主催の洋上セミナ「生涯青春・豊かなシニアライフ・フォー ラム」に参加して、それまで老後の事などあまり真剣に考えていなかった私は大きな衝撃を受けた。その後、この種のセミナに積極的に参加して、刺激を受けながら多くの事を学習した。

 そして今年のはじめに開催された同新聞社主催の「シ ニアライフ・カレッジ」への参加はそれら学習の総まとめになった。私はこのシニアライフ・カレッジでは、生涯学習コース、社会貢献コース及び第二の就職コー スの三コースのうち生涯学習コースを受講した。

 講師の方々はそれぞれ各方面で ユニークな活動をされており、その活動のエッセンスを我々に与えられたが、そのどれもが含蓄のあるものばかりであった。
 水野肇先生の朝めしはキッチリ食べよ、三度の食事はキチンと取れ、規則正しい生活習慣が大切などの提言は、自分で実践して今日健康に過ごしていることで実感している。ただ退職後に毎日が日曜日となった時、この規則正しい生活習慣をどう維持継続させるかが、私の最大課題になるであろう。河村幹夫先生のシャーロピアン(シャーロックホームズ同好会)の話は、大のおとなが国境を超えて仮想と現実を重ねて大真面目に取組んでいるところが面白く、江村哲二先生のピタゴラスが発見した自然倍音を後世にフーリエが証明したとの話は、学校で数学のピタゴラスの定理やフーリエ級数展 開しか知らない私にとって新しい発見で興味深いものであった。
 そして最後の講演であった藤井忠生先生の「いきがい年金の積立」なる注目すべき発想と、一芸 一能を持ったユニークな人間集団・サラリーマン文化芸術振興会(略称サラ文) の話から、私が探し求めていた「心・生きがい」の具体的な答えは、結局「自分の趣味の生かし方次第にある」ことを確信したのである。

 このシニアライフ・カ レッジの収穫も踏まえて、私のこれからの「第二の人生計画」を経済、健康、人脈交流、趣味の四つの切り口から記述する。

【経済計画】 
 自宅の住宅ローンは二十年越しで今年やっと完済したが、子供の学費やその他、今までの借金が相当残っているので財源を得るため嫌応なしに嘱託勤務を当分続けねばならない。退職後は各種年金により、健康でさえあれば生活資金の手当ては何とかなるものと考えている。

【健康計画】 
  毎朝洗顔中に竹踏みを欠かさず、朝食に納豆を食べ、毎食後に必ずエビオス十錠を飲むのを日課としており、この習慣はそのまま継続する。
 毎朝の体操は、ラジオ体操に「ヒザとヒジを相互にクロス接触させるヒネリを入れた屈伸など」を 加味して日課としている。このヒネリは昔オリンピックに出場した女子体操の池 田敬子選手がやっていたのを取り入れた。
 近隣散策やスポーツセンターでの水泳を加え、更に将来は定期的な健康診断を励行すれば備えは先ず万全ではないかと考えている。

【人脈交流計画】
 二年前の洋上セミナの時の出会いが縁で、私の通勤路線である田園都市線沿線 のリラックス・フォーラム・生涯現役を進める会に入会した。
 この会は「いきがいのある人生の追求」を目標に各々月一回の開催で奇数月の土曜日の午後に公民 館に会員有志が集まって講師の話を聞いて交流する他、偶数月には野外勉強会と 称しハイキングや見学会を催している地域の親睦会である。
 会の主旨・活動に賛 同・協力する人であれば老若男女を問わず入退会自由で、参加会費五百円以外に は何の制約もなく先日もこの会の存在を聞きつけて仙台からはるばる参加した人がいた。
 因みにこの会では各用語の定義を次の様に定めている。
 「生涯現役」とは、生きがいに満ちた日常生活、人生を送ることを言い、その必要条件として、1心身の健康、2健全な生活経済、3自立する心、4家族の愛、5地域の人間交流、の五つを挙げている。 「いきがい」とは、自分を生かし、人に役立つ喜びに生きることを言う。代表世話人の外村奥次氏の献身的なボランテイア活動によって支えられ今年は五周年 を迎える。
 この生涯現役を進める会はボランテイア要素も持っており、将来私個人として人様のお役に立つかかわり合いを持つ事で、「人のためにする喜び」という、趣味以外の「いきがい」が見つけられるかも知れない。

【趣味計画】
 私は、好奇心が旺盛な方で、旅行、映画、演劇、音楽鑑賞、海釣り、楽器演奏、パソコン通信等、ジャンルを問わずいろいろなものを好み、多趣味人間の部類に入るのかも知れない。
 シニアになったら、特に注力しようと思っているのは、趣味の一つのエレクトーン演奏である。私のエレクトーンとの出会いは、今から四半世紀程前、当時幼稚園児であった 長男の音感教育のため購入した時に遡る。息子が長続きせず宝の持ち腐れでは勿 体ないとの貧乏根性から、私がいじっているうちに病み付きとなり、結局オヤジのオモチャにしてしまった。下手の横好きで十曲位は楽譜なしで弾くことが出来るが、長年やっているわりには自分でも判る程全く腕の進歩がない。
 数年前、買い替えたのを機会に音楽教室の初級コースに通った。その時の生徒は、私以外は、すべて妙齢の若い女性ばかりで本当に若返った気分になった。
 また、以前出張 したバンコックの宿泊先のホテルにたまたま置いてあったエレクトーンで、数曲 弾いたところ、回りにいたホテル従業員からヤンヤの喝采を受けたこともある。
 エレクトーンは両手両足を駆使する楽器で、脳の活性化に、もってこいである。 最近のものは、記憶回路付きで自動演奏機能も備えたハイテク製品の塊で、重量が八十五キログラムもあり、私の体重より重たい。 私の年配の素人で、エレクト ーンを趣味にしている人はあまり見かけないので、これは希少価値があるのではないかと思っている。
 「人の行く裏に道あり花の山」のたとえ通りで、これを極めれば立派な私の「一 芸一能」になるのではないかと、ひそかに期待している。退職後、再びあの音楽 教室の若い女性達に囲まれて、この楽器と向き合って訓練の積み重ねである「い きがい年金の積み立て」をしながら、常に若い心を持ち続け、それこそ「生涯青春」を地で行く人生になれば、これにまさる喜びはない。

 前述のシニアライフ・ カレッジでは、受講生四百五十名(各コース百五十名)各人に、受講の証しとし て自分のシニアライフ・ビジョンをレポートとして提出させた。
 その中から ユニークな作品一点ずつを選出し、終業式で発表させることになっていた。
 「生涯学習コース」では、はからずも私の作品が選出されたので、その発表 内容の要点をここに紹介した次第である。

 たとえ将来考えが今と変わることがあっても、自分の未来の生き方に対する想いを、一度目に見える形にしておくのも有意義ではないかと考えている


「文作の部屋」に戻る


Home
Sketch Gallery
Profile
Links