我が現役会社員時代の足跡を振り返って 2014.10.31 起草

昔所属した部門(末尾に記載有)の40周年祝賀会が、この12月6日に開催される通知が来た。

企業の組織が不変で40年もの長期にわたって部門呼称が維持さ れるのは、希有だそうで人生の一時期そんな組織に身をおいた一員 としては、誠に名誉で、誇らしい事だと思っている。

私は、今年傘寿(80歳)でリタイアして26年目、早や四半世 紀を過ぎ、成人式を迎える迄よりも長い馬齢を重ねた。

先輩は皆鬼籍に入ってしまい、私は最古参の人間になるようだが、 古い仲間を誘いまくって、祝賀会参加の返事を出した。

私は名も無き一市民ではあるが、今、ここに過去を振り返る時、生涯の一時期ではあるが、日本経済の高度成長期に微力を尽くして 貢献した自負があるので、それを記録に残すのも私にとっては意義があるものと考え書き残す次第である。

私は、昭和33年(1958年)の入社、日本経済は高度成長期に突入する寸前で、会社は、当時家電製造の軽電部門と、私の所属していた発電機器製造の重電部門の大きく分けて二つの製造部門があった。

消費者が、冷蔵庫、扇風機、洗濯機、テレビ等いわゆる白物家電をじゃんじゃん買うものだから、電力が足りなくなって我々の重電部門は、電力会社の要請に従って発電機器をドンドン製造しなければならず、1ケ月に100時間を超える月もある程、残業続きの多 忙な毎日を送っていた。軽電部門と重電部門は、まるで「マッチポンプ」の様相を呈していた。恒常的に人手は足りず、会社は私が入社した年は、学卒だけで200名未満の採用だったが、それ以降毎年数百人規模で増え続け、瞬く間に1000名を超えた。

電力需要の驚異的な伸びに伴い、私は主として火力発電所の電源 開発に従事していた。会社はGE(ジェネラル・エレクトリック)と技術提携していて、単機容量(1台当たりの容量)も次から次に 記録品を製造した。火力では、単機容量75MW(75,000kw)から 125MW、220MW、250KW、375MW、450MW、 500MW、700MWと記録を重ね、一方原子力ではあの近年問題になった東電福島第一原子力発電所3号機(1F−3)784MWの 出荷が昭和48年6月、東電福島第二原子力発電所1号機(2F− 1)1,100MW(1,000,000KW)の出荷が、昭和54年12月だった。

国内は勿論、海外への輸出もドンドン増えて、私が所掌した物件 だけでも下記小生のサブサイト「旅つれづれ」にある通りである。

早期退職後は、関連会社のコージェネレーション(デイゼルエン ジン駆動発電機使用の熱併給発電方式)の新規事業立ち上げに微力を捧げて約9年勤務して、完全に会社と縁が切れた。

勤務した2社のOB会もだんだん知人が少なくなったのと加齢による体力低下で、近年は参加していない。

21世紀は、IT時代と言われ、パソコンその他の通信機器の発 達の恩恵に浴し、お陰様で趣味を中心とした世の中への情報発信で 楽しみを味わっている。

人生の午後の生甲斐は、人の為にする喜び(貢献)と自分の為に する喜び(趣味)の2面から成り立つというのが小生の自論である。

「貢献」については、横浜市青葉区のコミセンにある市民活動の拠 点の「あおば ぱそこん横町」のパソコンボランテイア活動を 創立以来15年務め、「趣味」についてはシニアになってから始めた旅のスケッチ水彩画が840点超になり、これも「やまと美術館別館」に掲載している。水彩画は生涯目標を1000点においている。

達成するまで、生存していたい。

上記にて40周年祝賀会を開催したのは小生が26年前に所属していた部門で、今も同じ部門名で長年不変の呼称は、火力電機技術部で略称[火技E]と言う。今はエネルギーシステムソリューション社に所属している。

◆[火技E]40周年祝賀会(於 ホテルJALシティ田町)写真後日追記 

141206.jpg
ごく親しい仲間と撮影(偶然あおば ぱそこん横町スタッフになった仲間もいる)

141206A.jpg
全員(約300名)で撮影



HOMEへ